シアリスを使うと早漏がなおる?

metal_shieldシアリスだけではありませんが、バイアグラやレビトラなども含めたED治療薬を服用すると、勃起効果があるだけでなく、射精までの時間が伸びるという人がよくいます。これは本当なのでしょうか?

ペニスの硬さと感度

男性のペニスには表面にも中の方にも神経が通っています。ですから表面を軽く触っても気持ちいいですし、強く握ってしごいても気持ちいいですよね?じつはこの「表面も中も気持ちいい」というのがポイントなんです。

ペニスは通常の勃起していない時はふにゃふにゃしているので中の方の神経も刺激されます。ところが勃起したときには皮のすぐ下にある海綿体に血液がながれこんで海綿体が固くなるので、海綿体の内側にあるペニスの芯に当たる部分の神経は外からはなかなか刺激できません。
これはEDにもいえることです。若い頃のようにペニスが十分に硬い状態ではペニスの表面は刺激されますがペニスの中心部にはなかなか圧力がかからないので刺激されません。ところがペニスが十分に固くならない状態で刺激を受けると表面と中心部の両方が刺激されてしまいます。

ですからバイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED薬を使用してペニスがふだんより固くなると、ペニスの中心部の神経を硬くなった海綿体が守ってくれるのでペニスが少し柔らかい状態よりも感度が下がるということはあります。これが「ギンギンにってイキにくくなる」という現象の正体です。

ただしED気味になって中折して射精できないという人もいますし、固くなると逆に気持ちよくなるという人もいます。早漏や遅漏の原因はひとつではないので一概にはいえませんが…ただ年令を重ねてED気味になると早漏になる理由の一つに、ペニスの硬さと刺激の受けやすさという関係があることは覚えておいていいでしょう。

EDが治るとストレスが減る

早漏には感度が良すぎてすぐに射精してしまうという器質性の早漏と、興奮やストレスが原因の心因性の早漏の二種類があります。そしてEDはこの心因性の早漏にも深く関わっています。
男性は性行為などが始まると脳内に「ノルアドレナリン」という物質が増えます。そしてそのノルアドレナリンが一定量に達すると脳が射精の合図を脊髄に送って、脊髄はその合図を受けるとペニスのあたりに射精の指示を出します。そして射精に至るわけですが、その合図のきっかけになるノルアドレナリンは「性的な興奮」だけでなく「ストレス」でも増えることがわかっています。例えば「ペニスのコンプレックス」「勃起不全(ED)の不安」などでもノルアドレナリンが増えてしまうのです。ですからエッチな気分にならずに「今日はちゃんと勃起するかな?」と心配していると、興奮している時と同じくらいかそれ以上にノルアドレナリンがでてきて射精が早まってしまうということもあります。

そういう人がED薬を飲むとどうなるか?ED薬でしっかり勃起すればEDのコンプレックスから開放されます。そうなればセックスに集中できるので、いままでEDが原因で分泌されていたノルアドレナリンが減ります。そして射精までの時間が長くなるというわけです。これが「ギンギンにってイキにくくなる」というもう一つの理由です。

早漏には色いろな原因があります。感度が原因だったり、不安が原因だったり、興奮が原因だったり、幾つかの原因が絡み合っていたり。ですからシアリスを飲むと早漏が治るとかシアリスを飲むと遅漏になるというのは絶対ではありません。
でもEDは早漏の原因のいくつかに関係していてEDを克服することで射精するまでの時間が長くなるということはよくある現象です。そしてそれはシアリスだけではなく、シアリスのジェネリックはもちろん、バイアグラ系やレビトラ系のED治療薬も同じ効果があります。

早漏でお悩みの方は、そのあたりも気にしながら服用してみてもいいでしょう。
逆に遅漏でお悩みの方は、あまり長くなりすぎると相手も疲れてしまうので気をつけたほうがいいかも知れません。

また、本気で早漏に悩んでいる方は、早漏防止薬が配合されたシアリスジェネリックを試してみるのもいいかもしれませんね。

フォローする