シアリスの副作用


薬には作用がありそれと合わせて副作用があります。風邪薬の中には眠くなるものがありますし、歯医者で麻酔を打てば歯茎の周りも感覚が麻痺します。深刻なものになると、ガンの治療で髪の毛が抜けてしまったり、強い薬の投薬が続いて腎不全になってしまったりという副作用もあります。
ではシアリスにはどういった副作用があるのでしょうか?

シアリスの危険な副作用

シアリスにはいろいろな副作用がありますが、その中でも非常に危険な副作用は禁忌薬との併用による発作です。
シアリスの有効成分であるタダラフィルには血圧を下げる作用がありますが、シアリス以外の血圧を下げる作用がある薬と併用することで、命が危険になるほど血圧が下がってしまうことがあるのです。バイアグラが流行した頃に副作用で救急搬送されたり死亡してしまったという報道がありましたが、その多くが禁忌薬との併用だったといわれています。▶併用禁忌薬の詳細/
また禁忌薬と併用しなくても、脳梗塞など欠陥が弱っている状態だったり、血圧の値が異常だったりすると、血流が促進されるという本来プラスになるはずのシアリスの作用がマイナスに働いてしまい、重篤な副作用になってあらわれてしまう事もあります。▶服用が危険な人
持病がある方や体に不安がある方は、医師に相談してから服用したほうがいいでしょう。

シアリスの危険ではない副作用

先に危険な副作用を書いてしまったのでシアリスは危険みたいなイメージになってしまったかも知れませんが、他のED治療薬に比べて副作用が少ないのもシアリスの大きな特徴です。
そもそもシアリスやバイアグラの有効成分には血圧を下げ、血行を良くするといった作用があります。この作用によってペニスに血液を送り込み勃起させるという薬効が生まれるわけですが、それと同時に頭痛、紅潮、ほてりなどの副作用にもつながってきます。これらの副作用はバイアグラやレビトラでもみられますが、特にバイアグラは副作用が強く出てしまうお薬で、大変な思いをした方も多いと思います。
レビトラやシアリスは副作用の点でもバイアグラの改良版といって差し支えないほど副作用が軽くなっています。

ただ、バイアグラやレビトラは短期作用型なので、薬の効果も副作用もすぐに終わってしまいますが、シアリスは長期作用型なので効果も副作用も長時間になってしまいます。副作用の強さは人それぞれですが、シアリスで副作用が強く出る方は、薬の効果が終わるまで副作用も続くので大変かもしれません。そういう場合はレビトラなどの方が向いているかもしれませんね。

頭痛‥全身の血行が良くなると毛細血管にも通常よりも多くの血液が流れ込むので、脳の毛細血管の近くの神経が刺激されて頭痛が起きる場合があります。お酒を飲んだり運動をした時に頭痛がする方は、ED治療薬を服用しても頭痛が起こりやすいです。これは危険な症状ではなく一過性のものですので、時間が経過して血中濃度が下がれば落ち着きます。
紅潮‥これも血行が良くなって毛細血管に血液が流れ込むために起きる副作用です。顔だけでなく眼球の白目部分なども赤くなりますが時間がたてば戻ります。
ほてり‥血行がよくなれば体温も上がって体がほてることもあります。運動したりサウナに入った後のようなものなので、怖がる必要は全くありません。
消化不良‥20mgを服用した場合、1割程度の方が感じる副作用だそうです。激しい下痢になるという話は聞いたことがありませんが、ベッドインするタイミングでお腹がゆるいのはちょっと困りますね。ただこれも時間が経過すれば解決される副作用です。

これ以外にも細かい副作用は色々あります。服用してから体調がちょっとおかしいなと思ったら、恥ずかしがらずに医師にご相談ください。

フォローする