シアリスジェネリックはメイド・イン・インド?

メイド・イン・インドの謎

シアリスのED治療薬のジェネリックといえばインド製ばかりです。
インドというと
・人口が多い
・カースト制度
・カレー
・暗算
・IT
・野良牛
・ヒンズー教
など色々なイメージがあると思いますが、全体的に先進国のイメージよりもいい加減とか不衛生なイメージのほうが根強くて「インド製の薬」というとあまり好意的に思われない事が多いようです。なぜシアリスのジェネリック薬はインド製ばかりなのでしょうか?

インドの医薬品の特許は特殊

実はインドでは1970年に医薬品の特許の中でも「物質特許」と呼ばれるものをインド国内では認めない法律を作ったのです。薬には「製法特許」「物質特許」「用途特許」「製剤特許」という4種類の特許がありますが、「物質特許」とはそれぞれの薬の有効成分の特許のことです。インド国内ではそれが認められていない状況が2005年の法改正まで続きました。
その間に世界中で開発された医薬品は、国際特許をとっているものはほとんどの国でその特許が有効なので、特許を持っている製薬会社などと契約しなければ製造できません。ところがインドでは特許自体が認められていないため、インド国内の製薬会社が同じ成分の薬を製造するのも販売するのも合法だったのです。そのためインドの製薬会社は他国の製薬会社が開発した医薬品のコピー商品を次々と製造していきました。

そもそも医薬品の特許は製薬会社が研究開発できる環境を守るという大事な目的があります。
例えば開発にA社が100億円の費用をかけて薬を開発したら、その薬を売って100億円以上儲けなければ赤字になってしまいますよね?ですからある程度の利益が出る金額である程度長い期間販売できないと困ってしまいます。ですから特許を取ってから20年など期間を決めて法律が守り、それが切れてからは他の会社が特許が切れたお薬のジェネリック薬を作って安く売ってもいいですよ、という事になっているわけです。
もしも特許がなかったら‥A社が100億円かけて開発したものを、他の会社がすぐにコピーしてA社の半分の値段で発売してしまうかもしれません。そうなればA社は100億円の開発費を回収できなくなるかもしれませんし、そういう可能性があると製薬会社は開発に十分な資金を投入できません。
それでは製薬会社が新しい薬を作れず、医薬品の進歩が止まってしまいます。ですから医薬品の特許はほとんどの国で守られているわけです。

ところがインドでは2005年まで「物質特許」が認められていませんでした。おかげでインドの製薬会社は他国の製薬会社が作ったいろいろなお薬と同じ成分で非常に安いコピー商品を合法的に作っていました。当然他国からは非常に強い異議が申し立てられたり、インドから自分の国に医薬品が入ってこないように貿易に規制をかけたりされました。
しかしその一方で、インドの安価な医薬品はインド国内の貧困層や他国の難民などの医療には無くてはならない存在になっていきました。開発した製薬会社が販売する値段は高すぎて、貧しい地域の医療の現場では手が出ないものだったからです。

今でもインドはジェネリック大国

シアリスが発売になったのは2003年頃で、2016年現在はまだ国際特許が有効なのでジェネリック薬は製造できません。ところがインドだけは2005年に法律が変わる前の特許を認めていないため、シアリスのジェネリック薬を製造できます。
これがシアリスのジェネリック薬がインド製しかない理由です。(日本では特許が有効なため、シアリスのジェネリック薬を医師や薬局などが扱うことはできません。個人輸入は認められています。)

ちなみにバイアグラは特許が切れているため、日本の製薬会社も他国の製薬会社もジェネリック薬を開発しています。日本のクリニックでもバイアグラとバイアグラのジェネリックの両方を扱っているところが多いですね。
レビトラはシアリスと同じ状況なので、ジェネリックはインド製のみで個人輸入しか認められていません。
また早漏防止薬、育毛剤、胃薬、水虫、抗生物質など、多種多様なお薬もインド製のジェネリックが販売されており、日本でも輸入代行などでオリジナルよりもかなり安く手に入れることができます。

フォローする