シアリスは長時間作用型


勃起力ではバイアグラやレビトラよりも弱いシアリスが、ここまで人気になっている原因はシアリスの作用時間の長さにあります。
シアリス以外の3大ED治療薬であるバイアグラの効果時間は3~5時間程度、レビトラはもう少し長いですがそれでも薬の効果を感じられるのは長くて8時間です。
シアリスは服用してから2時間ほどで効果が現れます。これは服用する量が5mgでも20mgでも変わりません。そして服用から3時間ほどでピークを迎え、10mgの服用で24時間後、20mgの服用で36時間後まで効果が持続するといわれています。
ED治療薬を使ったことがない方が聞くと「何時間もセックスするわけじゃないから効果時間は1時間もあれば十分」と思われるかもしれません。でもED治療薬を使ったことがある方は、効果時間の長さが重要だと思う方も多いはず。
これから長時間効果が続くメリットについてご説明します。

シアリス最大の特徴は効果時間の長さ

ED治療薬は勃起薬ですから当然セックスをする時に効果を発揮させたいわけですが、女性と男性がベッド・インする時にはいろいろな状況が考えられます。
・自宅に帰ってくつろいで寝る前に
・デートの最後に
・食事をしてから
などなど…
そしてED治療薬には
・飲んでから効果が出るまで時間がかかる
・食後は薬が効きにくい
・薬の効果時間が決まっている
などの特徴があります。

バイアグラは空腹の状態で飲んでから30~60分で効き始め、3~5時間で効果が切れるのでその間にベッドインしなければいけません。
食前に飲むなら1時間位前に飲まないと吸収されにくいですし、食後は最低2時間空けないと胃の中で食べ物が邪魔して効きません。
レビトラは適度な食事なら影響がないといわれていますが、脂分が多い食事はNGですし食べる量が少なくても効果は弱くなってしまいます。

風俗などで使う場合など、ED治療薬の都合に合わせて食事や時間を調整できる場合は全く問題ありませんが、デートなどで使う場合は結構ネックになってきたりします。しかもただでさえ勃起に不安があるのに、効果時間や食事の内容などをあれこれ考えるのがストレスになってしまい楽しめないというデメリットも。

バイアグラやレビトラを夜使うときには、夕方からバターや揚げ物を避けて、牛乳やヨーグルトなど乳製品も飲まないようにして準備します。そして食前に服用する場合には1時間前に飲んで、食事は1時間程度で切り上げて即ホテルに…なんて計算をしたりします。それでも何時間かズレてベッドインする頃には薬の効果が落ち着いてしまって勃起するか不安でホテルに行かないなんていうことも…。

シアリスの場合は、効果がでるまでに時間がかかるので2時間以上前に飲まないと使えませんが、最大36時間効果があるので細かい計算がいりません。食事も800kcalまでなら影響を受けないといわれますが、わざわざ食後に飲まなくても「今日はエッチするかな」という日の朝でも昼でも好きな時に飲んでおけばベッドインが夜でも問題ありません。

お酒はあまり飲めませんが、それ以外の食事の内容や、デートの時間配分など一切考えずに使えるのは魅力的ですね!

フォローする