シアリスの服用量

シアリスの服用量

シアリスは5mg・10mg・20mgが製造されています。日本国内のクリニックで処方されるのは10mgと20mgの2種類が主流です。開発したイーライリリー社では、通常は10mgの投与が推奨されており、重篤な勃起不全の場合には20mgという感じで説明書きがあります。ただし日本国内の病院で処方される場合でも最初から20mgということも珍しくありません。

バイアグラは25mgと50mgですが、シアリスは上限が20mgです。シアリスを50mg飲んでもバイアグラと同じような感じにはならないので止めましょう。
また1回服用した後は、次の服用まで24時間空けるようにしてください。シアリスの場合はバイアグラやレビトラと違い24時間後でも効果が持続してる場合もありますが、24時間後なら効果が残っていても追加で飲んでも問題ありません。

「しっかり勃たせたい」という思いから、どうしても多めに飲みたくなるのがED治療薬ですが、風邪薬などその他のお薬と同じように、肝臓で代謝されるため体への負担がゼロではありません。
1年毎日飲んでも肝臓の数値はほとんど変わらない程度の影響しか無いといわれていますが、だからといって無駄に大量に飲む必要はありません。重度のEDでなければ10mg程度から始めるのをオススメします。

またシアリスは血行促進効果があることから、海外の薬局では5mg錠が毎日飲む血行促進剤として売られたりしています。5mgは少ないようですが「中折れが気になる」とか「硬さが足りない」という程度の症状なら、5mgを試しに飲んでみることをオススメします。

もし普段バイアグラ系やレビトラ系を服用している場合は、シアリスは効果が自然で副作用も穏やかなので、「効果がわからない」とか「物足りない」と感じる方もいると思います。このあたりは体質や好みの問題なので、シアリスの服用量を増やすのではなく他のED治療薬を試したほうがいいかも知れません。

フォローする